求人案件詳細

求人ID : JOB006047-036A

職種情報

内容

職種名 特許 先行技術調査担当
仕事概要
仕事内容 特許先行技術調査の下記のいずれか
区分1 計測    区分2 応用物理    区分3 分析診断     区分4 応用光学    区分5 光デバイス
区分6 事務機器  区分7 自然資源    区分8 アミューズメント 区分9 住環境 区分10 自動制御  
区分11 動力機械 区分14 生産機械  区分18 熱機器 区分19 医療機器  区分21 金属・金属加工
区分22 電気化学  区分24 生命工学・医療  区分25 有機化学  区分26 環境化学  区分31 電子商取引
区分34 伝送システム  区分35 電力システム  区分36 デジタル通信 


募集背景 ・特許庁からの先行技術調査受注案件増による対応を強化するため。
・次年度以降の業務区分拡大に対応するため
応募資格の概要 ◆必須となる要件
研究開発の業務実績が下記を満たすこと
・学部卒の場合:4年以上
・短大、高等専門学校卒の場合:6年以上
・日本国籍を有していること
(本業務の性質上、法律で決められています)


◆歓迎される要件
独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)が実施する研修「調査業務実施者育成研修(約2か月)を受講し研修を修了(合格)することが必須ですが、既に修了(合格)されている方は、研修免除になります。

・未受講の方には、研修合格に向け、育成・支援制度あり…事前課題、スクーリング、面接支援を行います。
◆フィットする人物像
一次選考で確認する内容は、概ね以下の3点です。
1.特許先行技術調査員としての専門性(技術力)・資質
2.コミュニケーション能力などの適性
3.特許庁からの委託業務分野との技術的マッチング
募集年齢 60歳以上の方も歓迎です。定年(69歳の3月末)後も一定条件を満たせば、嘱託にて継続勤務可能(毎年更新)
年齢制限の理由:長期勤続によりキャリア形成を図るため
雇用形態 正社員(週の希望勤務日数(3日以上)により契約社員の場合もあり)
ポジション・役割
勤務地 東京都港区・品川区、神奈川県横浜市、京都市中京区、大阪市中央区、名古屋市中村区
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイムなし)
年収・給与 400万円~600万円(将来的には、この上限を上回る可能性があります)
基本給(月額20万円)+歩合給
賞与:年2回(4月、10月)
通勤費支給(新幹線通勤可:上限10万円/月)
待遇・福利厚生 社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険)、年1回定期健診実施。
休日休暇 週休二日制

企業情報

内容

社名 (非公開)
会社の特徴 特許庁登録調査機関としての先行技術調査事業及び知財コンサルタント事業
特許庁より先行技術調査の全区分受託を目指す

2007年に調査員12名でスタートした事業は、2010年以降、調査員数・受注件数ともに年平均20%以上で成長し、2013年以降は民間シェア1位を維持。2018年現在で、創業当初に比べ調査員数は20倍以上、受注件数は40倍に拡大している。
設立 2006年6月
資本金 49百万

次回から入力を省略

個人情報保護